無床診療所の医師募集は?

診療所医師求人TOP >> FAQ >> 無床診療所の医師募集は?

無床診療所の医師募集は?

厚生労働省が発表した医療施設動態調査によれば国内には、患者さんが入院ができる施設がない無床診療所が約9万ヶ所あります。一般の病院や患者さんが入院ができる施設がある有床診療所が、年々1000ヶ所も減少しているに対して無床診療所の数は増加傾向にあります。その背景には病院に比べると診療報酬が低く設定されている有床診療所では、十分な看護師などの確保が難しく無床化するケースが後を絶たないからです。1970年代から1990年頃までは病院の数も増加傾向でしたが、その後は横ばい状態が続いています。

その一方で同時期の診療所の数は増加傾向が続いていますが有床診療所は減り続け、それを上回るペースで無床診療所が増え続けているのです。他の先進国と比べても少子高齢化が急速に進む日本では急性期の治療や手術などを病院で受け、退院した患者さんの中には自宅から地域の診療所に通っている方も少なくありません。高齢化が進む日本では病院や診療所などの医療ビジネスは成長産業と期待されていますが、人口が少ない地方の病院では患者さんが少なく苦戦しているところあります。

その点では開設した10日以内に所在地の都道府県知事や市長などに、届け出さえすれば営業できる無床診療所は初期投資も少なくて済みます。無床診療所のメリットは開業医だけでなく、働く医師にも大きなメリットがあります。病院には病棟があるので医師もどうしても当直が避けられず、病院や診療科によっては夜勤明けからそのまま勤務する医師もいます。しかし無床診療所には入院患者さんがいないので当直などもなく、土曜日や日曜日や祝日や祭日に出勤したりすることもありません。

病院や有床診療所の場合は入院患者さんがいるので、当直だけでなくお盆や正月も仕事をする必要があります。高給なイメージがある医師ですがその実態勤務は過酷でこのサイトに掲載されている、リクルートドクターズキャリアや医師転職ドットコムなどの転職エージェントの無床診療所の医師募集に興味がある方は、登録するだけで求人の紹介だけでなく採用基準から面接の段取りまで多忙な医師の方々に代わって行ってくれます。

もし家族がいたり心身的に限界を感じる医師の方の場合はこれらの転職エージェントに登録して、当直や残業がない無床診療所で働くのも選択肢の一つかもしれません。病院で働くのも診療所で働くのもどちらもメリットだけでなくデメリットもあるかもしれませんが、地域医療に貢献したい方には無床診療所の医師募集はまたとない機会だとも言えます。

診療所の医師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 ★★★★★ 全国 詳細




Copyright (C) 2014 診療所の医師募集探しガイド All Rights Reserved.