診療所の医師の配置基準は?

診療所医師求人TOP >> FAQ >> 診療所の医師の配置基準は?

診療所の医師の配置基準は?

患者さん1人に対して医師や看護師や薬剤師の配置基準が義務付けられていますが、これは1948年に医療法が制定され医療機関での人員配置標準が制定されたのが始まりです。1958年には精神病院や結核病院などの特殊病院の配置基準が制定されたり、1983年には特例許可老人病院の配置標準が新たに制定されました。その後も1992年の第2次医療法改正で特定機能病院制度の配置標準の制定や、療養型病床の配置標準の制定が行われました。1998年には病院に勤務する薬剤師や看護師の配置標準の見直しや、病床区分の見直しに対応するために配置標準の制定が再び行われました。

2004年には僻地での医師を確保するための支援策として、医師の配置標準の緩和が行わるなどしています。このように適正な医療の提供を行うために現在の医療法では、病院や有床診療所では医師の配置基準が義務付けられています。標準と定められていますが現状は医師不足で最低基準を満たすのが精一杯で、もし配置基準を下回る場合には医療法に違反することになります。また現行の診療報酬制度では配置標準を上回るなど手厚い配置の病院には診療報酬が加算され、もし下回っている診療機関には減算などの一定の経済的制裁が行われています。

一般病院の医師の配置基準が16:1であるのに対して、診療所の医師の配置基準は有床診療所でも1人です。ただ有床診療所の入院基本料は一般病院と比較すると診療報酬がとても低く、1990年には2万3589ヶ所あった有床診療所も2013年に1万を下回り半分以下に減少しています。有床診療所はこれまで一般病院から退院した患者さんの、在宅での治療の受け皿としての役割を担ったり終末期の患者さんの最後を看取るなど、地域社会に貢献してきただけに政府の対応が求められます。

2010年と2012年には医療法が改正され機能強化型在宅療養支援診療所などの初期加算が新らたに作られたり、有床診療所での緩和ケア診療加算や看取り加算なども制定されました。ただ機能強化型在宅療養支援診療所の登録要件は、常勤医師が3名以上いることですが実際には医師の確保が困難なのが現実です。そのため有床診療所や機能強化型在宅療養支援診療所では医師の確保が急務で、もし診療所の医師の求人に興味がある方はこのサイトに掲載されている、リクルートドクターズキャリアや医師転職ドットコムなどの転職エージェントに登録されてみてはいかがでしょうか。

診療所の医師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 ★★★★★ 全国 詳細




Copyright (C) 2014 診療所の医師募集探しガイド All Rights Reserved.