診療所の医師の常勤求人は?

診療所医師求人TOP >> FAQ >> 診療所の医師の常勤求人は?

診療所の医師の常勤求人は?

全国的に医師不足が叫ばれていますがその一方では、厚生省では医師数の過剰を懸念し医師数の抑制を提起しています。最初に医師数の過剰を提起したのは実は厚生省ではなく1982年7月に臨時行政調査会が、行政改革に関する社会保障の項目で医師の過剰を防ぐために、合理的な医師養成計画を樹立すると提言したのです。しかし当時の医師数は1948年に制定された医師数算定法に定められた標準医師数で、実情にはそぐわないものだったことが判明しました。

その後も1975年には医学部が数多く新設されため厚生省から何度か、医師の過剰を懸念するコメントが発表されましたが、実際には日本の対人口医師数は先進国の中でも平均以下です。医師免許は弁護士や会計士などと並び超難関な国家試験ですが、弁護士や会計士などは企業に勤務しても年々と年収が下がり続けています。それに比べると医師の場合は相変わらず医師不足で売り手市場が続いています。

そのため医師の働き方も常勤だけでなく非常勤の、アルバイトを行う医師も多く働き方や求人も多様化しています。医師の常勤求人も診療科によっても格差がありますが、その中でも最も常勤求人が多いのが内科系です。現役の一般内科医だけで全国に約2万8000人の医師がいて、診療所の医師の常勤求人も内科系が目立ちます。内科系も地域別では北海道や東北地方の診療所の常勤求人が最も条件が良く、慢性的な医師不足が続いている小児科や産婦人科も、何処の地域でも常勤医師を求めています。

小児科の現役の医師数は全国に約8万5000人ですが、産婦人科と共に地方では小児科を標榜科から省く病院もあり、診療所が果たす役割もますます重要になってきています。小児科の場合は特に救急患者に対応している総合病院では、常勤の小児科医が確保できなくて緊急の患者さんは診療所小児科医が対応しています。産婦人科も訴訟を恐れ、分娩を行わない病院も増えていて、診療所への依存度が高まっています。全国に約7万4000人いる産婦人科医ですが最近では女性医師の数も増えていて、診療所の常勤求人の中でも女性医師に人気がある診療科です。

この他にも眼科や耳鼻咽喉科の診療所の常勤求人はこのサイトに掲載されている、リクルートドクターズキャリアや医師転職ドットコムなどの転職エージェントに数多く掲載されています。もし診療所の医師の常勤求人に興味があるのであればこれらの転職エージェントに登録するだけで、転職エージェントの担当者が希望するような条件の求人の紹介を行ってくれます。

診療所の医師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 ★★★★★ 全国 詳細




Copyright (C) 2014 診療所の医師募集探しガイド All Rights Reserved.