僻地の診療所の医師募集は?

診療所医師求人TOP >> FAQ >> 僻地の診療所の医師募集は?

僻地の診療所の医師募集は?

在宅療養支援診療所とは在宅医療を行う医師を増やそうと厚労省が、2006年に医療保険制度の改正を行って新たに作った制度です。在宅療養支援診療所の要件としては診療所であることの他に、訪問看護ステーションなどの保険医療機関と連携して24時間往診が可能な体制を確保していることです。他にも在宅療養者の緊急入院を受け入れる医療機関などを確保していることや、いつでも往診や訪問看護を提供できる体制であることや在宅看取り数を報告することなどです。

在宅療養支援診療所は一般診療所に比べると診療報酬が高く設定されていて、申請をして承認されると在宅時医学総合管理料がおよそ2倍になるなど診療報酬点数が優遇されます。この他にも夜間の往診も時間帯によって650点から1000点まで診療報酬が加算され、患者さんの在宅での看取りなどは一般の診療報酬と比べるとの5倍の10000点です。2012年1月の時点で在宅療養支援診療所の届け出数は1万3012ですが、2010年の診療報酬改定で在宅療養支援病院の要件が緩和され数が急増しています。

4人に1人が65歳以上の高齢者の日本では、高齢者の夫婦世帯や独り暮らしが急速に増加しています。そのため介護保険施設の整備が急務ですが、それを上回るスピードで高齢化が進んでいるのです。在宅療養支援診療所は国や大病院では対応できないような、高齢者の在宅医療にきめ細かく対応することが可能です。高齢者の方々が地域で自立して生活できるようにさまざまな生活支援サービスや取り組みが行われていますが、在宅療養支援診療所は生活支援サービスと連携して地域包括ケアシステムの構築を目指しています。

在宅療養支援診療所の医師募集に興味がある方はこのサイトに掲載されている、リクルートドクターズキャリアや医師転職ドットコムなどの転職エージェントに登録されてみてはいかがでしょうか。在宅療養支援診療所にも医療施設としての診療所があるところと、医療施設がなく在宅の患者さんへの往診や診療を行っている場合の2つのケースがあります。前者は自分の診療所の患者さんの場合が多く、後者は主に東京などの大都市で在宅医療を専門に行っています。

どちらも内科医が多いのですが転職エージェントの担当者に相談されると、専門が内科だけでなくても応募可能な在宅療養支援診療所の医師の求人の紹介を行ってくれます。また在宅療養支援診療所でなく眼科や皮膚科や美容整形科など、ご自分の専門科を活かせる診療所の医師の求人の紹介も行ってくれます。

診療所の医師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 ★★★★★ 全国 詳細




Copyright (C) 2014 診療所の医師募集探しガイド All Rights Reserved.